在宅強化型 老健とは?

   
在宅強化型 老健とは?
『在宅強化型 老健』とは、在宅復帰率が50%を超える在宅復帰・在宅支援機能が優れている老健施設のことです。この指定を受けている老健施設は、全国でも16.4%(平成27年)と数少ないのが現状であり、当施設の先駆性を示しています。
 
 あるふぁ国立の特徴は、専門スタッフによるリハビリテーションや医療的ケアの充実化を図っております。退所先の生活を見据えて必要なリハビリを個別に計画し、それぞれの方の状況に即した在宅生活のあり方を模索していきます。
また、フレイル(虚弱)な状況にある要介護者の療養ニーズに対応し、終末期ケアも提供しております。延命医療は積極的には実施しておらず、ご希望の方には、医療機関での療養をご紹介いたします。
 
当施設にはディケア・訪問リハビリ・短期入所サービスを有しています。このようなサービスのご提供を通し、継続的なリハビリ環境、在宅に戻ったあとの総合的なフォローアップを行い、地域包括ケアの一翼を担えるよう努力しております。
医療法人社団 三水会 
介護老人保健施設あるふぁ国立
〒186-0011
東京都国立市谷保1006-1
TEL.042-577-8121
FAX.042-577-8130
──────────────
入所サービス/短期入所(ショートステイ)/通所リハビリテーション/訪問リハビリテーション/居宅介護
──────────────
039764
<<医療法人社団三水会 介護老人保健施設あるふぁ国立>> 〒186-0011 東京都国立市谷保1006-1 TEL:042-577-8121 FAX:042-577-8130